どっちが便利?クレジットカードとデビットカード

クレジットカードなら分割払いが可能

今まで決済に使うカードといえばクレジットカードを指すことが当たり前でしたが、最近はデビットカードを使う人も増えてきています。現金不要で買い物ができるというメリットは一緒ですが、より便利なのはどちらなのでしょうか。
まず、デビットカードにはないクレジットカードのメリットとして挙げられるのは、分割払いやボーナス一括払いといった支払い方法が可能という点でしょう。こうした支払い方が可能なのは、カード会社が代金の支払いを立て替え、そのあと、カード会社が独自に請求を行うからです。デビットカードの場合、カードの発行元である銀行は代金の立て替えは行わず、請求があったらカード契約者の預金口座にある現金で一括決済を行うので、分割払いはできません。

審査不要で作れるデビットカード

一方、デビットカードの便利な点というと、収入がほとんどないような人でもカードを発行してもらえて、そのカードでクレジットカード決済の一部の利点を活用できるというところでしょう。
デビットカードの場合、代金の決済はすべてカード契約者のお金で行われるため、収入がいくらあって、債務はいくらあるのかといった情報を提出しなくてもカードを作れます。自己破産したばかりでクレジットカードを作るのは不可能という人でも、デビットカードなら作れる可能性が高いのです。
そして、クレジットカードのような分割払いはできませんが、一括払いに限定すれば、ネットショップなどでデビットカードをクレジットカードと見なして決済できるので、銀行振り込みよりも簡単にお金を払えるのです。
クレジットカードとデビットカードにはお互いに便利な部分があるので、どちらがより便利かというのは使う人によって異なるといえるでしょう。

コンビニの決済代行とは、販売者がコンビニに代金決済をしてもらうことです。購入者はコンビニに支払うことになるので、利便性が高くなります。

© Copyright Credit Limit. All Rights Reserved.